FC2ブログ
Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1のブログです。※大阪市中央区東心斎橋1-6-31 リードプラザ心斎橋5F (東心斎橋、清水通り。南警察署2軒西へ) fw1212@gmail.com
★6/6(日)2nd『マルメロの陽光』ビクトル・エリセ監督 〔劇場分子的・映画レクチャー〕vol.17(2/2)
2010-06-02 Wed 18:48
170×170エリゼ×ロペス


★6/6(日)2nd『マルメロの陽光』ビクトル・エリセ監督
■〔劇場分子的・映画レクチャー〕vol.17(2/2)
▼レクチャー講師:金子 光亮
■p.m.5:00~『マルメロの陽光』参考上映
 ※+『ライフライン』(2002年「10ミニッツ・オールダー」より )も参考上映予定。
(※『マルメロの陽光』は現在、DVDが品切れ状態で貴重な上映となっています)
■p.m.7:40~レクチャー
(※今回は開始時間が早くなっていますので、ご注意ください。)
前回受講された方も、今回始めての方も大歓迎!!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
あなたは『マルメロの陽光』をまだ、見ていない!
vol.17は、ビクトル・エリセ監督の『マルメロの陽光』の続編・レクチャーです。
数々の発見と詳細な分析で大評判だった前回のレクチャーの完結編です。
今回、いよいよ『マルメロの陽光』の全貌とその創作の秘密が明かされます。
前回参加して頂いた方はもちろん、
今回からのご参加の方も、前回の要点を確認しながら、
解説を進めますので、安心してご参加頂けます。
さらなる『マルメロの陽光』の旅へ。

金子氏の講義で最重要、かつ最終講義として選ばれていた『マルメロの陽光』が、
ついに〔劇場分子的・映画レクチャー〕にもやってきました。
『マルメロの陽光』の映像の力、その細部と構造を徹底解説。
大画面で実際に映像を流し検証しながら、
具体的にその魅力の秘密、そのすべてを語りつくします。
「本講座シリーズで最大の収穫となるよう準備中」(金子)とか、
いつも以上にスリリングで密度の高いレクチャーが展開されるはずです。
(また、本レクチャーは初試みの2回連続の予定です!)

*****************************************************
『マルメロの陽光』とは。
現代スペインの画家アントニオ・ロペス・ガルシアが、毎年描いてはいるものの、
なかなか完成させたことのできないマルメロの木の絵。
マルメロを描くべく腐心する90年の9月から12月の画家の姿を、
『ミツバチのささやき』『エル・スール~南へ』の名匠ヴィクトル・エリセ監督が
丹念に追っていく珠玉作。
絵画とその対象物に対するガルシア独特の姿勢や、
周囲の人々とのほほえましい交流。
そして、本作品の真の主役ともいえるマルメロの木が、
秋の陽光を浴びながら日に日に成長し、熟し、やがて朽ちていくさまを、
エリセはあたかも人生の縮図のようにファンタジックに捉えている。
単なる記録映画の域を優に超えて、詩情豊かな映画的感性にみちたエリセ映画ならではの
魅力あふれる名作中の名作。
“この小さな庭には世界のすべてがある”と
'92年のカンヌでも絶賛され、審査員賞と批評家協会賞をダブル受賞

*****************************************************
※講師:金子光亮 プロフィール
ACTシネマテーク、シネヴィヴァン六本木、梅田ガーデンシネマにて勤務。
1999.4より『劇場分子』創刊。
2002年からビジュアルアーツ専門学校・大阪 放送・映画学科講師。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【日時】2010年6月6日(日)
■p.m.5:00~7:20『マルメロの陽光』参考上映( 約139 分)
+『ライフライン』(2002年「10ミニッツ・オールダー」より )も参考上映予定。
(※『マルメロの陽光』は現在、DVDが品切れ状態で貴重な上映となっています)
■p.m.7:40~9:30頃レクチャー


(レクチャー時間後~ 質問・歓談タイムを予定しています)
※時間は当日、変更・延長する場合があります。
※プロジェクターで100インチ(1524×2033)の大画面スクリーンに上映します。
※レクチャーに参加される方は追加1ドリンク(+¥500)のみで、参考上映をご覧いただけます。
※ご都合の悪い方はレクチャーだけ、または参考上映だけの
ご参加でも大歓迎です。

場所】〔FINNEGANS WAKE〕1+1 にて
【料金】(予約・レクチャー)¥1500[1ドリンク付]
※当日ご参加は+¥300となります。
※[予約優先] 定員15人ほどのスペースなので、出来るだけご予約をお願い致します。
★当日参加も可能ですが、満席の場合はお断りすることもあります。

【予約・お問い合わせ】
●(メールでの予約)
fw1212+100606@gmail.com
(fw1212+100606@gmail.com)
お客様の・お名前 ・人数 ・E-MAIL
・TEL ・イベント名 ・日時(参考上映は見られるか?)
・告知を見られたメディア・コミュニティ名
をご記入のうえ、上記アドレスまでお申し込み下さい 。


●(電話でのご予約・問い合わせ)
06-6251-9988 PM8:00~ 〔FINNEGANS WAKE]1+1 まで。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1
大阪市中央区東心斎橋1-6-31 リードプラザ心斎橋5F
(東心斎橋、清水通り。南警察署2軒西へ)

TEL 06‐6251‐9988
※地下鉄堺筋線・鶴見緑地線 長堀橋駅下車 徒歩3分
※地下鉄御堂筋線 心斎橋駅下車 徒歩5分
(→心斎橋筋から来られる方は、大丸前のスウォッチの角を東へ真っ直ぐです。)
〔blog〕http://fw2010.blog117.fc2.com
[twitte]http://twitter.com/fw1plus1(ユーザー名fw1plus1)
[mixi] http://mixi.jp/view_community.pl?id=139752 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<■6/8(火)~13日(日)名村ミサ個展 蝶のえり足5 〔quinto〕 | 〔FINNEGANS WAKE〕1+1 | ●5月27日19:30~「 ゼロ年代からテン年代へ」演劇上映会・畑澤聖悟>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 〔FINNEGANS WAKE〕1+1 |

新管理メニュー

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作