FC2ブログ
Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1のブログです。※大阪市中央区東心斎橋1-6-31 リードプラザ心斎橋5F (東心斎橋、清水通り。南警察署2軒西へ) fw1212@gmail.com
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
■11月18日春と修羅を読む第2回★[4次元芸術の使者 宮沢賢治(連続・レクチャーミーティング)]
2010-11-06 Sat 09:41
歩く人セピア01

[連続レクチャー・ミーティング・全12回予定]
【4次元芸術の使者 宮沢賢治】
第2回 春と修羅を読む その2 
レクチャー:浅田和夫
ゲスト:たなかひろこ(朗読)


■日時:11月18日(木)21:00~
場所:〔FINNEGANS WAKE〕1+1
■¥1500(1drink+おつまみ付)



●最愛の妹 とし子を失った賢治は 半年の空白の後
春と修羅 第一集の詩作を再開し、
大正12年8月、オホーツクを渡り
樺太へと旅行します。
そして そこで彼が試みた驚嘆すべき行為とは…
銀河鉄道を生み出す思索の軌跡がここに現れます。

今回は その時に書かれた「青森挽歌 」と「樺太鉄道」と、
とし子の死(大正11年11月) 以前に書かれた
「東岩手火山」と「原體剣舞連 」をとりあげ、
春と修羅 第一集の真髄に迫ります。

■裏ケンジは高橋源一郎のミヤザワケンジ・グレーティスヒッツ
の「春と修羅」朗読と研究!



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
(今後の予定・内容 )

【4次元芸術の使者  宮沢賢治】

■ 春と修羅を読む2ヶ月
■ テキストとして農民芸術概論を読み
 ・事実としての羅須地人協会の活動を知る2ヶ月
■ 賢治の生い立ちと生涯
 ・彼が学んだ事柄を追いかける4ヶ月
     1890~1930年代の世界
 ・彼が影響を受けた科学及び文学
     法華経および 同時代の作家達について
 ・賢治が手がけた 演劇・脚本・音楽について
■賢治童話のエッセンスを掴む2ヶ月
 ・風の又三郎 グスコーブドリの伝説
 ・注文の多い料理店 銀河鉄道の夜
■ 空白と苦悩の周囲を巡る2ヶ月
 ・彼がなしとげようとしたこと
 ・彼が私達に伝えようとしたこと

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1
大阪市中央区東心斎橋1-6-31 リードプラザ心斎橋5F
(東心斎橋、清水通り。南警察署2軒西へ)
TEL 06‐6251‐9988
※地下鉄堺筋線・鶴見緑地線 長堀橋駅下車 徒歩3分
※地下鉄御堂筋線 心斎橋駅下車 徒歩5分
(→心斎橋筋から来られる方は、大丸前のスウォッチの角を東へ真っ直ぐです。)
〔blog〕http://fw2010.blog117.fc2.com
[twitte]http://twitter.com/fw1plus1(ユーザー名fw1plus1)
FW マップ300 ロゴ入
別窓 | 講座・レクチャー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<■[NUDE]Single-Channel Video Showing by Sung Nam HAN | 〔FINNEGANS WAKE〕1+1 | ■舞台映像連続上映会[悪い芝居=山崎彬]「演劇の新潮流 ゼロ年代からテン年代へ第5回」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 〔FINNEGANS WAKE〕1+1 |

新管理メニュー

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。