Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1のブログです。※大阪市中央区東心斎橋1-6-31 リードプラザ心斎橋5F (東心斎橋、清水通り。南警察署2軒西へ) fw1212@gmail.com
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
■4/29(金・祝)19:30 ケンジ・ミーティング第7回 宮澤賢治の生涯とその時代2
2011-04-28 Thu 23:19
震災以降 復興の精神の鼎として 賢治の 雨にも負けず が静かに
読み広がっているようですが、もっと広範囲に 彼の存在が語り伝えられ、そして賢治の愛した イーハトーブと呼ばれる東北の自然と物語が 傷跡を癒すように おおいなる復活を遂げることを願ってやみません。(浅田)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
kennji priject110429

連続講座
  第7回 宮澤賢治の生涯とその時代 後半
      朗読  ガドルフの百合
            カイロ団長

後半は盛岡高等農林学校入学以降の生涯をたどります。
20代前半は、信仰と家族、特に父親との葛藤で悩む様子を
親友・保坂嘉内宛に手紙でつづっています。
一方同年代の作家、ブルトンとフィッツジェラルド
どのような人生を歩みだしたのでしょうか。
 三者三様、表現の違いこそありますが、
戦争によって失われるものに、深いところで危惧する性質は
変わらなかったように思えます。
20世紀初頭、人類の精神は何に希望を
見出そうとしていたのでしょうか。
 朗読は、唯一 賢治の恋愛感を綴った短編ガドルフの百合と
少し滑稽なタイトルのカイロ団長をとりあげます。

             朗読      たなか ひろこ
             解説      浅田 和夫

時    4/29(金・祝)19:30
場所  〔FINNEGANS WAKE〕1+1 

http://fw2010.blog117.fc2.com

賢治110429IMG
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
▼Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1
大阪市中央区東心斎橋1-6-31 リードプラザ心斎橋5F
(東心斎橋、清水通り。南警察署2軒西へ)
TEL 06‐6251‐9988
※地下鉄堺筋線・鶴見緑地線 長堀橋駅下車 徒歩3分
※地下鉄御堂筋線 心斎橋駅下車 徒歩5分
(→心斎橋筋から来られる方は、大丸前のスウォッチの角を東へ真っ直ぐです。)
〔blog〕http://fw2010.blog117.fc2.com
[twitte]http://twitter.com/fw1plus1(ユーザー名fw1plus1)
FW マップ300 ロゴ入

別窓 | 講座・レクチャー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<■5/15(日1)9:30~「演劇の新潮流2 ポストゼロ年代へ向けて 第2回 ロロ=三浦直之」 | 〔FINNEGANS WAKE〕1+1 | ■5/14暗闇朗読隊×かなたのひ[月不見闇の月~つきみずやみのつき~]>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 〔FINNEGANS WAKE〕1+1 |

新管理メニュー

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。