Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1のブログです。※大阪市中央区東心斎橋1-6-31 リードプラザ心斎橋5F (東心斎橋、清水通り。南警察署2軒西へ) fw1212@gmail.com
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
■5/15(日1)9:30~「演劇の新潮流2 ポストゼロ年代へ向けて 第2回 ロロ=三浦直之」
2011-05-15 Sun 20:14
■「演劇の新潮流2 ポストゼロ年代へ向けて 第2回 ロロ=三浦直之」
レクチャー&舞台映像上映  
ロロ 01

ライトノベル世代の演劇

「演劇の新潮流2 ポストゼロ年代へ向けて」でクロムモリブデンに続き、今回取り上げるのはロロ=三浦直之です。ままごとの柴幸男、柿喰う客の中屋敷法仁ら昨年あたりからポストゼロ年代の劇作家たちが本格的に台頭してきたのですが、そのなかでも漫画、アニメ、小説(ライトノベル)といった他ジャンルのからの影響を強く感じさせるというのがロロの特徴です。
 ゼロ年代における(小説・現代美術・映画などの)表現傾向は簡単に言えば「漫画やアニメやゲームみたいだ」ということなのだが、ロロの三浦直之にはどうやらそうしたほかのジャンルの表現の要素を演劇に積極的に取り入れ展開していこうという強い意思があり、確信犯としてそれを目指しているようだ。
 演劇の世界では平田オリザの現代口語演劇の影響力からか小説などのほかのジャンルにおけるアニメ・漫画的なキャラクター設定やゲーム的な仕掛けなどのいわゆるゼロ年代的な要素の導入が目立ちにくいきらいがあった。そのため、先行するジャンルとは明らかにタイムラグがあり、演劇においてもようやくそれが顕在化してきたのが2010年以降になってからだ。
 ロロの作品は参照項として数多くアニメ、ライトノベル、漫画からの引用や見立てが仕込まれていて、元ネタを知る人はそれがトリガー(引き金)となって、アニメ的なイメージが立体化されて再現させるような仕掛けとなっているのだが、参照元のジャンルへのリテラシーがないとこれは本当に「なにがなんだか分からない世界」なのだ。そういう意味でこれはよくも悪くも極めてポストゼロ年代的といえるだろう。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【日時】5月15日(日) 7時半~
【演目】「いつだっておかしいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」「旅、旅旅」など
【場所】〔FINNEGANS WAKE〕1+1 にて 【料金】¥1500[1ドリンク付]  
※[予約優先]  定員20人ほどのスペースなので、予約をお願い致します。当日は+300円となりますが、満席の場合お断りすることもあります。
【予約・お問い合わせ】 ●メール fw1212+110515@gmail.com  あるいは BXL02200@nifty.ne.jp(中西) 希望日時 お名前 人数 お客様のE-MAIL お客様のTEL お客様の住所をご記入のうえ、 上記アドレスまでお申し込み下さい。ツイッター(@simokitazawa)での予約も受けつけます

06-6251-9988 PM8:00~ 〔FINNEGANS WAKE]1+1 まで。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 東心斎橋のBAR&ギャラリーを会場に作品・作家への独断も交えたレクチャー(解説)とミニシアター級の大画面のDVD映像で演劇を楽しんでもらおうという企画がセミネール「演劇の新潮流」です。今年は好評だった「ゼロ年代からテン年代へ」を引き継ぎ「ポストゼロ年代へ向けて」と題して現代の注目劇団・劇作家をレクチャーし舞台映像上映も楽しんでいただきたいと思います。

 新シリーズでは引き続きポストゼロ年代演劇の劇作家らを紹介していき、この世代に起きている新たな潮流の最新の動きを紹介していくとともに90年代半ば以降は平田オリザに代表される「群像会話劇」「現代口語演劇」中心の現代演劇の流れの非主流となってきた「身体性の演劇」の系譜の流れを紹介していきたいと考えています。

 

『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校』(2010)



三浦直之インタビュー



 「セカイ系」的な物語構造をデス電所、五反田団などのゼロ年代演劇が持っていることをこれまでのレクチャーで分析してきましたが、ロロの場合、その物語の多くが「僕と彼女の物語」の形式をとっていることや例えば谷川流の「涼宮ハルヒ」シリーズがそうであるように唐突にほとんどなんの説明もなく一見、日常的な物語世界に宇宙人のような非日常的なものが登場したりするという意味で、より本格的にいわゆる「セカイ系」と呼ばれる物語の特徴をよく受け継いでおり、ライトノベルやゲーム、アニメ的な世界のガジェットが数多くちりばめられているのもその特徴。そのため、その評価にもライトノベルなどに慣れ親しんだ熱烈な支持層がいる一方で、激しい拒否反応もあり、そういう意味ではポストゼロ年代において出るべきして登場してきた集団といえるだろう。今回はロロの舞台映像を基にポストゼロ年代演劇について考えてみたいと思う。



 「ゼロ年代からテン年代へ」では前田司郎*1、三浦大輔*2、岡田利規*3らゼロ年代の作家たち。「わが星」で岸田戯曲賞を受賞し話題の柴幸男をはじめ、快快(篠田千明)、柿喰う客(中屋敷法仁)、悪い芝居(山崎彬)らこれからの10年間の新しい潮流を作って行きそうな作家たちの舞台を取り上げてきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

FW マップ300 ロゴ入

▼Bridge Gallery & Bar 〔FINNEGANS WAKE〕1+1
大阪市中央区東心斎橋1-6-31 リードプラザ心斎橋5F
(東心斎橋、清水通り。南警察署2軒西へ)
TEL 06‐6251‐9988
※地下鉄堺筋線・鶴見緑地線 長堀橋駅下車 徒歩3分
※地下鉄御堂筋線 心斎橋駅下車 徒歩5分
(→心斎橋筋から来られる方は、大丸前のスウォッチの角を東へ真っ直ぐです。)
〔blog〕http://fw2010.blog117.fc2.com
[twitte]http://twitter.com/fw1plus1(ユーザー名fw1plus1)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
110514 20:14
別窓 | 講座・レクチャー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<■5/21土20:30~ twitter's day:[ユーストリームの現場から~アートシーン・その記録と再生] | 〔FINNEGANS WAKE〕1+1 | ■4/29(金・祝)19:30 ケンジ・ミーティング第7回 宮澤賢治の生涯とその時代2>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 〔FINNEGANS WAKE〕1+1 |

新管理メニュー

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。